痛みだけでなく根本的に体を変える同業者が推薦する内臓整体をうけてみませんか?

同業の院長先生が思わず推薦する整体院

〒541-0054 大阪府大阪市中央区南本町3-6-2 ケンガンビル2F
御堂筋線「本町」駅9番出口心斎橋筋商店街側から左へ徒歩30秒

24時間対応WEB予約 お問い合わせフォーム

line友だち追加

膝痛を治したり予防するには○○をとれ!

歩くと膝が痛い、、、!

 

夜寝る時に痛みが出る。

 

痛みがあるので膝が曲げられなくなった。

 

膝の痛みは昔からありましたが、こちらでは膝痛の原因と治療や予防に大切な事について書いていきます。

 

なぜ膝痛が起きるのか?

膝痛

実は膝はいくつもの関節が組み合わさって出来ています。

 

イメージでは曲げ伸ばしをするだけと思っている人も多いと思いますが複雑な動きをしているのです。

 

その複雑な動きを可能にしているのが軟骨という柔らかい骨が膝のクッションの役目を果たしているからですね。

 

しかし、この軟骨は再生能力が低いため年齢と共に擦り減る人が圧倒的に多いのです。

 

ですから膝への負担を減らすと共に軟骨の再生を促すことも大切になりますね。

 

軟骨の再生を急いで行っている時ほど膝は水が溜まったと言われる状態になり腫れあがり痛みが出てきます。

 

悪化すれば骨そのものが変形することもあるので生活習慣の改善は急務と言えるでしょう。

 

次は改善すべき生活習慣について書いていきます。

 

改善すべき生活習慣

和食

まず軟骨の主成分であるコラーゲンをサプリメントや食事から摂取しても回復にはなりません。

 

大切なのは古いコラーゲンを新しくするための代謝を促す事ですね。

 

膝の軟骨は代謝のサイクルが15年以上と非常に長いため再生は行われないと考えられていました。

 

コラーゲンの合成に必要なのはタンパク質とビタミンC、鉄分になります。

 

バランスよく食べる事が一番ですがレバー、牛赤身肉、カツオ、マグロなどは栄養面から見ても優れた食品と言えますね。

 

タンパク質の吸収を促すのはビタミンなので朝に柿やオレンジ、イチゴ等の果物を摂るのも良いでしょう。

 

基本的にはレバニラ炒めやカツオのたたきと玉ねぎのスライスのように昔ながらのレシピにはバランス良く食べるための工夫が隠されているので参考にしたいですね。

 

次は膝痛改善のための運動を書いていきます。

 

膝痛改善の運動

お相撲さん

まずは膝関節の曲げ伸ばしになります。

 
座った状態で一方の脚は膝を曲げて床につけ、もう一方は足首を90度に曲げて前に伸ばしましょう。

 

伸ばした方の脚をゆっくりと上げ床から少し上げたところでそのまま5秒間キープ。
脚をゆっくり下ろし、これを左右10回程度繰り返します。

 

次は四股踏みです。

 

お相撲さんをイメージしてもらい足を肩幅より開いて腰を落としましょう。

 

この時に膝とつま先が同じ方向を向くように気をつけて痛みの無い範囲で行いましょう。こちらも10回ほど行います。

 

朝昼晩と3セット行い膝に刺激を軽くでも入れておくとコラーゲンの再生は早まります。

 

ただし痛みの無い範囲でゆっくり行うようにして下さいね。

 

まとめ

%e4%bd%93%e6%93%8d

膝痛を抱える時にサプリや注射に頼るのは速効性はあっても解決にはなりません。

 

普段の食生活を見直し運動をする事で膝への負担を減らすことが重要だと覚えておいて下さいね。

 

初めの方限定特典