痛みだけでなく根本的に体を変える同業者が推薦する内臓整体をうけてみませんか?

同業の院長先生が思わず推薦する整体院

〒541-0054 大阪府大阪市中央区南本町3-6-2 ケンガンビル2F
御堂筋線「本町」駅9番出口心斎橋筋商店街側から左へ徒歩30秒

24時間対応WEB予約 お問い合わせフォーム

line友だち追加

O脚を治すには足の骨から

O脚を治したいなぁ、、、。

どこで治せばいいんだろう?

O脚の人はどこで治すか、どうやって治すかに気をとられがちですが、原因の解決をしなければ元に戻ってしまいます。

こちらでは、O脚の原因として少し意外な足根骨(そっこんこつ)について書いていきます。

 

O脚の原因となる足根骨とは

骨.jpg
足根骨は、全部で7個の骨からなる、足首のくるぶしより下で足の指より後ろにある骨です。

足の指のつけ根から、踵までの骨は一つ一つの形も大きく違います。

特徴としては、四角いブロックのような骨が、隙間なく積み重なっている状態なので、関節があまり動きません。

しかし、足裏のアーチを形成する上で、非常に重要な働きをします。

 

あまり動かない関節とはいえ、固くなると歩く時の衝撃を吸収できずに、骨盤まで衝撃をダイレクトに与えてしまうからです。

骨盤まで衝撃がいく事で、上半身のバランスが崩れやすくなるので、無意識に踏ん張る力が働きお尻の筋肉が固くなります。

これがO脚を誘発する原因となるので注意が必要ですね。

 

さらに、無意識に踏ん張る事で、

  • 足の指の変形
  • 歩行時に捻じれた姿勢になる

など悪い事だらけなのです。

 

足根骨が固いと起こる悪い事

体操.jpg
まず多いのが、

  • 外反母趾
  • 浮き指(指が地面についていない)

などの指周りの異常です。

また、扁平足の人も多く、指が踏ん張れずに真っ直ぐ蹴って歩けないので、足先が外方向へ流れるねじれ歩行も起こります。

 

このような状態が続くと、男性なら膝が外側に開くがに股O脚になりやすくなります。

女性なら、太ももの内側の筋肉が強い事が多いので、逆に膝が内向きになり出尻O脚になります。

 

原因としては、子供の頃から外で遊んだり、裸足で歩く機会が少ないなどがあります。指があまり使われないので、踏ん張る力が弱いのが特徴ですね。

さらに、最近では靴も問題です。

  • サイズの合わない靴
  • ヒールの高い靴

そんな靴を履いていると、脱げないように、無意識に足指をそらせて歩く習慣になってしまうので控えましょう。

足指を反らせる癖がつくと、指に体重を乗せられないので、足指を曲げるための筋肉はどんどん弱くなっていきます。

つまり、足指を曲げる筋肉が低下することで、足根骨は固くなると言えます。

ここで重要なのが、低下した足指の筋力を取り戻す事ですね。

 

O脚を根本から治すには足指の筋力アップをしよう!

足指.jpg
まずは、足の指でグー・チョキ・パーをするのがお勧めです。

椅子などに座った状態で、足の指を動かしてみましょう。

 

  1. グーは指を丸めます。
  2. チョキはグーの状態から親指だけ立てます。
  3. パーは指を開くように広げます。

筋力の低下している人や、足根骨の固い人は指がつりそうになります。

つりそうになって、上手くできない人にはタオル掴みがお勧めです。

  1.  椅子などに座って、床にタオルを置きます。
  2. タオルを足指だけで掴めるようにします。

どちらも10回ずつ位を1日に3セット行えば、筋力のアップにつながり足根骨の固さが改善します。

 

O脚の原因になる腰痛の症状もチェックしたい人はこちら

その他のO脚の原因はこちらをクリック

 

まとめ

元気.jpg
世の中にO脚の矯正法はたくさん存在しますが、なった原因までは明らかにしてくれません。

 

O脚が治ったとしても、再発しては意味が無いので、足指が反っていたり外反母趾の人はそこから治療した方が良いですね。

足の指は癖がつくと、治すのに時間はかかりますが、必ず成果は上がるので頑張ってください。

⇒大阪でO脚でお悩みの方へ

 

初めの方限定特典