痛みだけでなく根本的に体を変える同業者が推薦する内臓整体をうけてみませんか?

同業の院長先生が思わず推薦する整体院

〒541-0054 大阪府大阪市中央区南本町3-6-2 ケンガンビル2F
御堂筋線「本町」駅9番出口心斎橋筋商店街側から左へ徒歩30秒

24時間対応WEB予約 お問い合わせフォーム

line友だち追加

女性薄毛の原因はボリューム不足かも

こんにちは。

大阪一の女性薄毛整体で「薬や育毛剤無し」で9割の女性を回復させゴッドハンドと呼ばれる大阪市のなな鍼灸整体院 院長 福原です。

本日も女性の深刻な悩みである薄毛の改善を助けるべくブログを書いていきたいと思います。

 

今回は実際にどれくらい回復するのか?という事について書いていきます。

 

髪の回復する速度

まず、お薬やウィッグと違い全ての人が同じように回復していくのでは無く患者さんの治癒力に左右されます。

なのでお望みの効果や結果の保証は出来ません。

当院の施術は、ご自身の限界に挑戦していただいてどこまで薬無しとか東洋医学で回復していくのか?という事になります。

注意点として髪の毛の成長サイクルで悪化してしまった様に感じられる人が5%未満います。

これは髪の毛のサイクルが関係しています。

髪には、

  • 成長期
  • 退行期
  • 休止期

の3つがあり、休止期に当てはまると一気に抜け毛が増えるということがあります。

この休止期がいつ来るのかは現代医学でも分かりません。

ただ髪は一本一本独立して成長期とか休止期とかを持っているので、これが偶然かさなれば抜け毛が増えたように感じます。

本来、髪の成長期は4年〜6年あるんですが生えてきた時点で抜ける時期は決まっていると言われます。

これが施術で抜け毛が減る人もいれば減らない人もいる原因ですね。

抜け毛が増えたと感じる人は5%未満の確率で存在しますが治療をして悪化する人は、ほぼゼロだと思っています。

ですが心象としては、抜け毛が増えたように感じるリスクが有りますとだけ言っておきますね。

特に薄毛が悪化されている時は怖がり過ぎて余計なストレスを抱え込まないように書かせてもらってます。

もちろん、完全にノーリスクでないと施術を受けられないという人は、ご遠慮ください。

 

ストレスと薄毛の関係性

ストレスを受けてない人はいないが、ストレスを受けやすい体質や体調になっている人は多いと言えます。

案外、多いのがストレスを感じないという人ですが実は、そんな人が一番ストレスを溜め込みやすい体質と言われます。

ストレスとは交感神経と呼ばれる興奮する神経が過度に働くことで身体のバランスを整える自律神経を乱すものです。

いわゆる自律神経失調症と呼ばれる状態で、特に頭に熱が昇った状態を東洋医学では気滞(代謝の滞り)と読んでいます。

この状態は身体を緊張させて筋肉を固くするので血流が悪くなりがホルモンバランスなども乱します。

次は気滞(きたい)の症状について書いていきます。

 

気滞の症状

ストレスの蓄積から不安感や怒りなどが溜まりやすくなり頭痛も起きやすくなります。

気の巡りが悪くなることで特に前頭部の血行不良が生じやすく髪が薄くなってきた印象を受けやすいですね。

また、この状態では頭皮の乾燥や湿疹、吹き出物などが出やすいのが特徴です。

原因としては、

  • 暴飲暴食
  • 夜遅くの食事
  • 水分不足

などが挙げられます。

結果として睡眠の質が低下するので身体は常に極限状態にあり余計にストレスに弱くなります。

そしてストレスから逃れるために暴飲暴食に走る人は悪循環と言えますね。

次は気滞の対処法について書いていきます。

 

気滞の対処法

ストレスにより交感神経が優位となり腸の蠕動運動がうまく起こらない状態なので、自律神経を整え副交感神経を優位にすることが大切です。

特にゲップが出たりイライラが続く時は要注意ですね。

温野菜

香りのある野菜や果物を摂りましょう。

  • ミカンなどの柑橘類
  • セロリ
  • パクチー

などの香りのある緑の野菜が良いですね。

香りのある野菜は臭いで自律神経を整え、柑橘類の果物は酸味と香りで自律神経を整え気滞の症状を緩和してくれます。

 

抜け毛と産毛とボリューム

抜け毛と産毛とボリュームと言われてもピンと来ないかもしれませんが実は薄毛にはパターンあります。

  • 産毛が少ないタイプ
  • 抜け毛が多いタイプ
  • ボリュームが少ないタイプ

まず抜け毛というのは治療を開始しても止まるか止まらないかは個人差があります。

少しの治療で止まる人もいますし例えば1日160本抜けていた人が1日80本になった人もいます。

ただし、ここに注目しすぎない方が私はいいと思っています。

何故なら先に書いた通り抜ける時期はすでに決まっていますから。あくまで不規則に抜けていた分が減るだけです。

ですので注目する点は二つです。

産毛とボリュームですね。

産毛というのは実は毎日、産生されています。

薄毛になる人は体質が整ってないので産毛が抜けてしまうんですね。

なので毎回マイクロスコープで測りますが前回の産毛が残っていないんです。

これでは薄毛になるのは当然ですね。

ですので着目すべきは産毛がどこまで生えてきてさらに成長できるかという点になります。

そのため抜け毛は止まったら正直ラッキーという位で、産毛がちゃんと育つかというのは重大事項です。

これ以外に育毛の方法は正直ないと思ってください。

私たちは自分たちで毛を生やすというよりも、体質改善し頭皮の環境を整えて産毛が成長できる土台を作るのが仕事になります。

こうすることによって需要と供給があってくるので薄毛の改善につながるという事ですね。

そしてボリュームに関しては

  • 睡眠
  • 食事
  • ストレス

で大きく変化します。

ストレスを急に減らすのは難しいので、まずは睡眠と食事の改善に努めましょう。

ボリュームに関して言えば、しっかり寝てバランスの良い食事を摂るだけでも改善しますから。

ただ注意して欲しいのは短い抜け毛が増えている時ですね。

これは体質としては悪い方だと言えますので。

そんな時こそ体質改善のために睡眠と食事には気をつけて下さいね。

 

睡眠

睡眠とは長さと質の掛け算になります。

当然ですが長くても質が悪ければ身体を回復させられませんし質が良くても短すぎれば十分とは言えません。

最も質が高まる時間は夜の10時から朝の2時までになるので可能なら、その時間は眠りにつくようにしましょう。

また長さとしては6時間以上を確保したい所です。

注意したいのは夜に目が覚めてしまう事。

これはトイレで起きたとしても交感神経が緊張しており身体がリラックスできていない証拠です。

原因としては寝る前のスマホやパソコンで興奮状態にある事が多いですね。

また寝る前の食事は内臓に大きな負担を強いるので身体がリラックス出来ません。

寝る前はテレビやスマホなどから離れる時間が30分以上あると良いですよ。

また食事は寝る前の3時間前に終わらせるのが理想です。

 

食事

よく薄毛の改善には何を食べれば良いですか?という質問を受けますが気にし過ぎるのは良くありません。

何故なら意識しすぎる事がストレスになりますし、これを食べれば万全というものは存在しないからです。

それよりも重要なのは悪い物を口にしない事。

例えば食品添加物。

特に防腐剤や保存料、人工甘味料などと挙げればきりがありませんが、これらを口にしている人は身体に有害物を蓄積させている状態です。

この状態で良い物を摂っても効果が上がらないのは想像できますね。

大切なのは悪い物を減らし身体に溜まった有害物をしっかりと排泄していく事になりますから。

まずは、しっかりと水分を摂りましょう。

目標としては毎日2リットルを飲んで排泄力を高めましょう。

そしてコンビニ食などの賞味期限が長い物は避けて新鮮なものを口にするように心がけたいですね。

同じ弁当でもコンビニより弁当屋の方が食品添加物という点では優れていますから。

時間がどうしても遅くなるという人は夜は果物やスープを中心にして朝と昼にしっかりと食べる方が良いですね。

 

最後に

薄毛の改善は想像よりも早く結果が出る人もいます。

その人は根本から生活を見直し習慣を改善したからですね。

あなたも一度でもいいから考えてみて下さい。

もしも、あなたのずっと抱えていた薄毛の悩みがなくなって、さらに髪の毛がしっかり生えてきて、その先にまたきれいに戻れる自分がいるとしたら。。。

私はいつでも全身全霊で薄毛施術を行っています。

だからこそあなたにも、もしよかったら僕の院に1歩踏み込んでもらいたいと思っています。

それが私の女性薄毛に対しての気持ちですから。

 

新しい事への挑戦は結構勇気がいる事は知っています。けど勇気を持って踏み込んでみて下さい。

あなたと供にの髪の毛の明るい未来を二人三脚で掴めることを祈っています。

⇒大阪で本気で女性薄毛を改善したい人へ

 

初めの方限定特典