痛みだけでなく根本的に体を変える同業者が推薦する内臓整体をうけてみませんか?

同業の院長先生が思わず推薦する整体院

〒541-0054 大阪府大阪市中央区南本町3-6-2 ケンガンビル2F
御堂筋線「本町」駅9番出口心斎橋筋商店街側から左へ徒歩30秒

24時間対応WEB予約 お問い合わせフォーム

line友だち追加

女性の薄毛の原因はホルモンバランスの乱れが多い

頭頂部の髪の分け目が気になる。

全体的なボリュームが無くなってきた。

最近は女性も薄毛に悩む人が増えています。

こちらでは女性に多い薄毛の原因と対処法について書いていきます。

 

女性の薄毛の原因

まず女性で薄毛に悩んでいる人は慢性の頭痛を抱えている人も多く見られます。

その他にも

  • 疲れやすく体力がない
  • よく眠れない
  • 身体が固く腰痛や肩こりがひどい

など身体の不調を抱えている人が圧倒的に多いですね。

女性の薄毛の原因としてホルモンバランスの乱れが挙げられます。

それは女性ホルモンのエストロゲンには、毛髪を発達させ、毛髪の成長を持続させるという働きがあるからです。

40代後半からエストロゲンが減少することが髪の成長に影響し薄毛になります。

薄毛対策としては、エストロゲンを減らさないようにすることが大切です。

エストロゲンが減少しホルモンバランスが乱れるのは加齢のせいだけではありません

日本人の平均閉経年齢は50歳と言われますが閉経が近づくとエストロゲンの量が急激に減少し、体にさまざまな症状が出てくるようになります。

エストロゲンが減少することで、髪の成長期が短く、休止期が長くなります。

一つの毛穴から出る髪の本数が減る

⇒髪の毛が細くなる、といった状態になり、薄毛になってしまうのです。

近年では若年層においても更年期のような症状が出るケースがあると言われています。

その原因はホルモンバランスの乱れです。

更年期障害は卵巣の機能が低下することでエストロゲンが減少し、起こる症状のことです。

20~30代などの若い年代は卵巣の機能が安定しているはずなので、更年期の症状が出ることはありません。

しかし、

  • ストレス
  • 不規則な生活
  • 過労

などが続くと自律神経のバランスが乱れて、ホルモンバランスも乱れます。

妊娠中に大量に分泌されたエストロゲンが急激に減ってしまうため、髪が大量に抜けてしまうことがあります。

さらにプロゲステロンにも育毛を維持する働きがあり、出産後に分泌量が減ってしまうため、抜け毛が増えてしまうのです。

さらに出産後は育児によって睡眠不足やストレスがたまります。

ストレスによって自律神経が乱れ、女性ホルモンのバランスも崩してしまうのです。

 

きちんと対処すれば女性薄毛は治る

女性薄毛の改善法として当院では内臓整体と鍼灸を併用して行います。

女性ホルモンのバランスは

  • 内臓の機能を整える
  • 関節の動きを良くする
  • 子宮への圧迫を減らす

などが出来れば自然と整います。

逆に腹部を圧迫すると強い痛みが走ったり、猫背で下腹部がポッコリとしている人はホルモンバランスが乱れやすいのです。

関節を整えて内臓の機能を高めると自然と姿勢が良くなり、頭痛や肩こりも治ります。

結果として女性薄毛も改善されるのです。

 

まとめ

女性薄毛は健康な身体なら起こりません。

そのため、女性薄毛になる人は身体の状態が悪いと言えます。

身体から状態を良くすれば頭皮の状態は改善されるので、自然と女性薄毛は解消されます。

⇒大阪で本気で女性薄毛を治したい人へ

 

初めの方限定特典