痛みだけでなく根本的に体を変える同業者が推薦する内臓整体をうけてみませんか?

同業の院長先生が思わず推薦する整体院

〒541-0054 大阪府大阪市中央区南本町3-6-2 ケンガンビル2F
御堂筋線「本町」駅9番出口心斎橋筋商店街側から左へ徒歩30秒

24時間対応WEB予約 お問い合わせフォーム

line友だち追加

頭痛に吐き気を伴う人は必見!原因は身体の脱水状態!?

頭痛と吐き気が何日も続いている。

いつも頭痛がすると薬を飲んで治まるのを待っている。

徐々に薬の効きが悪くなってきた、、、。

こんな症状で悩んでいませんか?

こちらでは、繰り返す頭痛や吐き気の原因と薬が徐々に効きにくくなるメカニズムに対処法について書いていきます。

 

なぜ頭痛や吐き気を繰り返すのか

病院で異常が見つからなければ原因として考えられるのは脳の脱水状態

とは言っても怖いものではなく、二日酔いの様な症状ですね。

二日酔いの際に頭がガンガン痛むのは、脳味噌を取り巻く水分が減っており頭の中でグラつくため。

だから呑んだ後には水が美味しく感じるのは、早急に脳の脱水状態を改善するために身体が必要としているからです

薬の多くは、脳の血流不足で起こる頭痛を解消する効果があるので痛みは緩和されます。

しかし、脱水状態にある人は全身の水分が不足しているので、血流を良くしても根本的な解決にはなりません。

大切なのは血流を良くする事に加え、身体の水分を取り戻すことですね。

特に脳を保護する水分は脳脊髄液と呼ばれ、身体の中で最も栄養価の高い成分が入っています。

この脳脊髄液の流れが少なくなると、頭痛や吐き気だけでなく症状はもっと悪化するので気をつけましょう

次は脳の脱水状態を改善するための脳脊髄液を増やすために必要なことを書いていきます。

 

脳脊髄液を増やすには

身体の中では大量の水分が無意識の内に腸を通して出入りしています。

まず腸へ流入する水分は飲食以外にも、

  • 唾液
  • 胃液
  • 胆汁
  • 膵液
  • 腸液

からの分泌が1日の尿と同じくらいの量が流れ込んでいます。

水分の大半は小腸で吸収され、残りは大腸で吸収され最後に残った分が便として排出されます。

つまり尿や汗などの目に見える水分を差し引いても、身体の中ではかなりの水分量が循環しているのが分かりますね

そのため、下痢をした場合は腸の中から出ていく水分が増えます。

身体全体の水分バランスが崩れるので脳脊髄液も例外ではありません。

逆に言えば腸内での水分の循環が大きく崩れない限り、脳脊髄液の量が極端に崩れる事は無いと言えますね

もう一つ重要なのが腎臓での水分の再吸収です。

次は腎臓の事にも触れていきますね。

 

腎臓での再吸収

腎臓では一日に150ℓの水分が通過し尿として排泄されるのはわずか1ℓです。

当然、腎臓の不調は身体の水分に多大な影響を与えます。

意外と知られていないのが腎臓の再吸収に影響する栄養素。

それが

  • ナトリウム
  • グルコース
  • アンモニア

ですね。

具体的には塩分と炭水化物、タンパク質になります。

塩分と炭水化物は水分の再吸収を促すのに対し、タンパク質は排泄を促します

ここで重要なのが、身体が脱水状態になる人は過剰な排泄でなっているだけでなく、過剰な再吸収からもなるという事ですね。

排泄はアルコールやカフェインなどから起こりトイレが近くなるので分かりやすいと思います。

しかし塩分や炭水化物は加工食品や米、小麦、砂糖などに大量に含まれるのですが自覚しにくいのが特徴です

摂り過ぎている人は冷え性と足のむくみを患っている事が多いですね。

結果として身体には水分はあるが、流れは滞り脳脊髄液は脱水状態という悪い状態にあるのです。

この状態にある人の特徴を次に書いていきます。

 

水分が滞っている人の特徴

  • 頭痛持ちで天気に左右され雨の日は辛い
  • 足が冷えてむくみやすい
  • 朝から身体がだるく寝起きが辛い
  • 寝ても疲れがとれない
  • お風呂に入るとマシになる

以上のような特徴があります。

身体はこのような状態の時に少しでも水分の滞りを解消するために、吐いて身体の水分を減らそうとするのです。

頭痛と吐き気が同時に起こる人はこのような状態である可能性が高いですね。

そのため、改善には身体の水分の流れを改善することが必要なので改善法を次に書いていきます。

 

水分の流れを改善するには

まずは水分を摂りましょう。

濁った川を想像してみて下さい。

既に流れが淀んでいる人は一定の水分無しには流れません。

もちろん吸収を促すためにはまずは排泄する事も重要です。

順番としては身体を動かしてから水分を摂るのが理想的ですね。

もしくは汗をかいてから水分を補給しましょう。

サウナや半身浴が身体に良いのは、汗と共に身体の流れを滞らせる老廃物なども同時に排泄しているからです

老廃物を排泄して水分をとれば濁った川が綺麗になっていく過程が想像できますよね?

身体からドロドロの汗をかけば老廃物も一緒に押し出されます。

サラサラの汗をかく人は身体の老廃物が少ないと言えますね。

次は老廃物が溜まりにくい生活のポイントについて書いていきます。

 

老廃物を溜めないためには

老廃物の排泄準備が整うのは夜の寝ている間になります

そのため健康なら朝起きてから1時間以内に排尿や排便をもよおします。

便秘の人は身体に老廃物をため込んでいる状態と言えますね。

先ほども書いた通り水分をしっかり摂らない人ほど、川の流れが濁るように老廃物をうまく排泄できません。

また暴飲暴食が過ぎる人ほど老廃物は溜まっているでしょう

よく果物や生野菜は身体を冷やすと言いますが食物繊維が身体を冷やし排泄を促しているのです。

特にバナナやリンゴは効果的ですね。

また納豆や漬物などの発酵食品も老廃物の排泄には一役買います。

実際に最も便秘の少ない県はリンゴと漬物で有名な青森県ですから

便秘の人は朝の果物や発酵食品、水分をしっかりと心がけると良いですね。

 

まとめ

頭痛に吐き気を伴う人は脳脊髄液が不足しているかもしれません。

単純に水を摂るのは改善に効果的ですが排泄無くして吸収率は上がらないので要注意。

さらに身体に水分があっても老廃物を溜め込んでいる状態では脳脊髄液まで水分が届かないので排泄を意識しましょう。