痛みだけでなく根本的に体を変える同業者が推薦する内臓整体をうけてみませんか?

同業の院長先生が思わず推薦する整体院

〒541-0054 大阪府大阪市中央区南本町3-6-2 ケンガンビル2F
御堂筋線「本町」駅9番出口心斎橋筋商店街側から左へ徒歩30秒

24時間対応WEB予約 お問い合わせフォーム

line友だち追加

頭痛やめまいは血糖値の問題だった!?

頭痛やめまいを感じるが日によって程度はまちまちだ。

お風呂に入ったりマッサージでマシになる事もあるし放っておいたらひどくなってきた。

慢性的な頭痛やめまいが徐々に悪化して来たら要注意かもしれません。

こちらではいつ起こるか分からない頭痛やめまいのメカニズムと対処法について書いていきます。

 

頭痛やめまいは血糖値が原因で起こる

血糖値を気をつけるのは糖尿病の人だけだと思っていませんか?

実は健康な人でも血糖値の変動で不調を起こします。

まず低血糖の状態だと身体のエネルギー不足によって全身の血流が悪くなり脳内の血管が収縮し酸素不足の状態で頭痛やめまいを起こします

また高血糖の場合でも循環血液量が過剰になり脳内の血管への圧力が高まる事でも頭痛やめまいが起こります。

また身体にとって血糖値が下がった状態というのは一種のストレス状態なのです。

このストレス状態によって身体の中に活性酸素が生み出され頭痛を引き起こす場合も怖いですね。

高血圧の人で頭痛が起こることが多いのは身体の調整できる範囲が狭くなり脳の細動脈が拡がり頭痛が起こると考えられます

また糖尿病で高血糖の状態が続くと浸透圧の差で血管内に水分が入ってくることで血液全体の量が増えて血管を圧迫するため高血圧になりやすくなります。

高血圧の初期には頭痛やめまいの他にも耳鳴り、肩こり、手足のしびれ、心臓部の圧迫感などの症状も起こるので注意しましょう。

大切なのは血液量の調節になるので水分の摂取は欠かせません。

次はミネラルウォーターの事を書いていきます。

 

ミネラルウォーターのすすめ


バナジウムという栄養素は聞いたことはありませんか?

バナジウムというのはミネラルの一種でミネラルウォーターとして売られています。

このバナジウムはある効果で注目を浴びており、それは血糖値を下げる効果が実証されているということ

バナジウムを多く含む富士山の湧水を飲んでいる人が皆血糖値が低いということが分かりブームになったようです。

また食事から摂取することも可能です。

その多くは海産物でひじきや海苔、あさり、ウニ、ホタテなどに含まれます。

その他にも牛乳やそば、豆腐などにも含まれていますね。

しかし血糖値や高血圧の改善のためにはこれだけでは足りないので次は食事のバランスについて書いていきます。

 

食事のバランス

栄養バランスの良い食事は安定した血糖値を手に入れるためには欠かせません。

理想の食事のバランスは主食と副菜、主菜、乳製品、果物といった食事のバランスに気をつけて摂取していきましょう

これらを食べる順番についてひとつのポイントがあります。

はじめに副菜、次に主菜、最後に主食という流れで食べるようにしてください。

副菜には食物繊維を含む野菜を選べば糖質の吸収を促進する成分が含まれるからです。

結果として副菜から食べると主菜の肉・魚や主食の炭水化物の分解がよりスムーズになります

これらの順番を少し意識するだけで随分と吸収率が変わるので、ぜひ取り組んでみてください。

 

最後に


頭痛やめまいなどに悩む人の多くは血糖値の上下が激しい傾向にあります。

特に偏った食事や早食い、大食いをする人に顕著にみられるので注意しましょう。

初めは軽い症状も乱れた食生活を続ければ悪化することも多いので要注意です。

まずは食べる順番と内容に気を使ってみて下さい。

⇒大阪市で本気で頭痛を治したい人へ