痛みだけでなく根本的に体を変える同業者が推薦する内臓整体をうけてみませんか?

同業の院長先生が思わず推薦する整体院

〒541-0054 大阪府大阪市中央区南本町3-6-2 ケンガンビル2F
御堂筋線「本町」駅9番出口心斎橋筋商店街側から左へ徒歩30秒

24時間対応WEB予約 お問い合わせフォーム

line友だち追加

治らない頭痛は有害金属を摂取している!?

頭痛は昔から体質だと思って諦めている。

頭痛薬を飲めば治るから気にしていない。

でも昔より頭痛の頻度は増えてひどくなっている気がする。

そんな事で不安になっていませんか?

それは身体の中に、頭痛の原因となる有害金属が蓄積されているからかもしれません

こちらでは頭痛と有害金属の関係性と排泄法について書いていきます。

 

有害金属の蓄積とは

%e9%87%91%e5%b1%9e
一番多いのはカドミウムと言われます。

なぜならタバコや排気ガスに含まれるので、自然に吸い込んでしまう有害金属で自覚はありません

次はアルミニウムとなり、食品添加物やベーキングパウダーに含まれているので、日常的に摂取している人は徐々に溜まっていきます。

さらに古い家屋で問題となっているのは鉛になります。

昔の古い水道管には鉛が使われており、水分の中に溶けだしている事が問題視されています。

古い家屋の場合にはお湯を出さず冷水にすると少なくなるそうです。

また日本人特有の問題として、マグロなどの大型魚類を食べる事で、水銀を多く蓄積している傾向にあるので注意しましょう

中国やインドでは、全ての有害金属において日本よりも蓄積量が高いという研究結果です。

原因の特定は難しいとされますが、外国での食事の際は注意が必要ですね。

水銀は食物連鎖で生物の体内に濃縮されるため、食物連鎖の上位にいる大型の魚類ほど蓄積量は多くなります。

しかし有害金属は全ての人に蓄積されているかというと、そうではありません。

大切なのは有害金属を排泄できるかどうかなので次に書いていきます。

 

有害金属の排泄

%e6%b0%b4%e3%81%ae%e6%b5%81%e3%82%8c

体内の有害金属と結合して排泄させやすくする食材としてはネギ類があります。

野菜の中でも、

  • ネギ
  • ニラ
  • タマネギ
  • ニンニク

などに含まれるにおい成分には水銀や鉛などの有害金属だけを選んで排出することができます。

またメカニズムは不明ですが、同じく臭いのある香菜やパクチーにもヒ素やカドミウムなど有害金属を排出する作用のあることが確認されています

重要なのは有害金属の排泄の75%は便に含まれるという事ですね。

便秘が身体に悪いのは言うまでもありませんが、体内に長くとどまると有害金属の蓄積量が増えていく事が最も恐ろしいことなのです。

胃腸のバリアが強ければ、有害物質が口から入っても体内に吸収されずに体外に排泄されます。

ですが便秘の人は、便秘でない人よりも有害金属が吸収されやすいのです。

また尿からの排泄量が20%となるので、水分不足で尿量が少ない人も体内の蓄積量は多いと言えます

尿は余分な水分の排泄ですので余った水分が無いと尿としては排泄されません。

次は有害金属の排泄を促す食生活です。

 

気をつけたい食生活

%e3%81%ad%e3%81%8e

先ほど紹介したネギ類のように、緑の野菜に含まれるクロロフィルは有害金属の排泄には効果的です

それをより細かい状態で摂取するのが理想的なので、ミキサーにかけたりみじん切りにするのが良いですね。

そして空腹の時間を作るのが重要です。

有害金属は一度溜まると排泄に時間がかかります。

そのため排泄を促すには、空腹の時間を作り内臓の働きを活発にしましょう

そして水分を多く摂るとより排泄は促されます。

寝る前の食事がダメだというのは、排泄の機能を低下させるからです。

朝に排便をしたくなる身体は、は身体の排泄機能がしっかりと動いている証拠ですね。

身体は健康なら睡眠中に排泄の準備をして朝にまとめて排泄します

有害金属は雨にも含まれるので摂取しないというのはほぼ無理です。

そのため排泄に力を入れるのが効果的ですね。

 

まとめ

頭痛に限らず、治らない症状があるのは異常と言えます

本来なら全ての症状は寝れば治るのが通常です。

症状が当たり前になっているのは身体の治す力が低下している証拠なので有害金属などの蓄積を疑いましょう。

排便や排尿の量が少ない人は気をつけて食生活の改善に取り組んでくださいね。

⇒大阪市で本気で頭痛を解消したい人へ