痛みだけでなく根本的に体を変える同業者が推薦する内臓整体をうけてみませんか?

同業の院長先生が思わず推薦する整体院

〒541-0054 大阪府大阪市中央区南本町3-6-2 ケンガンビル2F
御堂筋線「本町」駅9番出口心斎橋筋商店街側から左へ徒歩30秒

24時間対応WEB予約 お問い合わせフォーム

line友だち追加

坐骨神経痛の原因とは

もう何年も坐骨神経痛で悩んでいます。

 

歩くと痛みが出るので休憩しながらでないと出歩けない。

 

坐骨神経痛は一度発症するとクセになる人やずっと同じ症状を抱える人が多いです。

 

こちらでは特に長引きやすい坐骨神経痛の種類と対処法について書いていきます。

 

長引きやすい坐骨神経痛とは

休憩

そもそも神経痛の原因は神経が圧迫されている時に起こります。

 

坐骨神経痛の時も同様で種類としては梨状筋(りじょうきん)か椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症(脊柱管狭窄症)が挙げられます。

 

ポイントは筋肉なのか椎間板(ついかんばん:骨の間のクッション)か骨かという事ですね。

 

筋肉の固さは温めるだけでも緩むのでとれやすいと言えます。

 

次に椎間板は本来の位置からはみ出して神経を圧迫しているので修復はすぐには終わりません。

 

脊柱管狭窄症の場合は圧迫しているのが骨になるので最も時間がかかります。

 

タレントのみのもんたさんが手術したことで有名になりました。

 

つまり痛みが重度で治りにくい脊柱管狭窄症は手術という選択肢もあるという事ですね。

 

ただし同じ症状でも痛みから解放されやすい人もいます。

 

多くの人は完全に治らなくても日常生活を快適に送れるまで回復される人もいます。

 

長年痛みと付き合っている人との決定的な違いは何かを次に書いていきます。

 

痛みがマシにならない原因

坐骨神経

 

実は神経は圧迫されたままでも痛みやしびれがマシになる人はいます。

 

正座をすれば神経が圧迫され血流が滞るので普通の人はしびれますよね?

 

しかし長時間の正座をしても平気な人もいます。

 

ここがポイントで足のしびれが出ない人は血流が良いので神経の回復が早く足が痺れません。

 

つまり坐骨神経痛の症状をマシにしようと筋肉や椎間板、骨にアプローチしても血流が良い人は症状がマシになりやすいのに対し悪い人はしびれや痛みを引きずりやすいのです。

 

坐骨神経痛の症状を改善するマッサージやストレッチは数多く存在しますが効果を出そうと思うのなら血流の改善は欠かせません。

 

次は血流を良くするために必要な事を書いていきます。

 

血流を良くするには

内膝倒し

運動が良いと思っている人も多いですが、そうとは限りません。

 

特に痛みがひどい時には筋肉の緊張が激しく姿勢も歪んでいるので無理すれば逆効果です。

 

それよりも痛くない範囲で動かしましょう。

 

大切なのは股関節周りの運動になります。

 

お勧めは内膝倒しです。

 

床に座り両手を身体の後ろでつき足を膝を立て少し開いた状態で前に出します。

 

そして交互に膝を内側に倒していきます。左右共に20回ずつ行います。

 

そして水分を多く摂りましょう。

 

血流を良くするためには水分を摂って血液を流れやすくするのが効果的ですね。

 

まとめ

水注ぐ

坐骨神経痛の症状が長引きやすい特徴として椎間板や骨が神経を圧迫している事が多いですね。

 

手術をしないと治らないという訳ではなく完治しなくても血流が上がれば症状はマシになります。

 

運動は痛みが出るほど無理をしない事と水分をしっかりと摂る事を心掛けて下さいね。

 

初めの方限定特典