痛みだけでなく根本的に体を変える同業者が推薦する内臓整体をうけてみませんか?

同業の院長先生が思わず推薦する整体院

〒541-0054 大阪府大阪市中央区南本町3-6-2 ケンガンビル2F
御堂筋線「本町」駅9番出口心斎橋筋商店街側から左へ徒歩30秒

24時間対応WEB予約 お問い合わせフォーム

line友だち追加

電磁波が原因の頭痛やうつを吹き飛ばす食材とは!

頭痛やうつの原因に電磁波が関係していると聞いたことがありますか?

 

携帯がペースメーカーなどの誤作動の原因であることは以前から認識されていましたが身体にもやはり悪いのでは!?

 

そんな疑問にお答えするべくこちらでは電磁波が人体に与える影響とメカニズム、対処法について書いていきます。

 

電磁波被害の実話


アメリカでの報告によると15歳の少女が電磁波の影響でうつを患い自殺したというのです。

 

彼女はWi-Fiや携帯電話、携帯の基地局などから放射される電磁波を感じ取ってしまい極度の頭痛や疲労、集中力の低下に悩まされた挙句に肉体も精神も衰弱してしまったのです。

 

母親が徹底的に電化製品や携帯などを排除したおかげで自宅にいる時の彼女は普通に生活することができた。

 

だが彼女の通っていた学校が電磁波への対策に乗り出すことはなく、「これ以上Wi-Fiの電波には耐えられない」と書かれた遺書を残し若い命が失われました。

 

実は2005年にWHOも電磁波の悪影響を認めているのだが、なぜそのような症状が現れるのか科学的根拠は見つかっていない。

 

そのため患者が電磁波による苦しみを訴えても医師から適切な処置を受ける事は難しいようです。

 

電磁波の症状はMRIや血液検査に異常としては検出されませんが特に目や鼻、耳、口に症状が出やすく精神面への影響も無視できません。

 

なぜこのように頭部への影響が大きいのかについては議論が分かれますが体内の静電気が関与しているのではないかと言われています。

 

次は体内での静電気と電磁波の関係性について書いていきます。

 

体内の静電気


実は静電気は人体に限らず気体や液体、固体を問わず全ての物質の中に存在します。

 

この静電気が溜まりやすい人が電磁波の影響を強く受けるというのだ。

 

静電気が溜まりやすい人の特徴として血液ドロドロの状態が挙げられます。

 

この状態だと血液中のマイナスイオンが不足している状態にあるそうで血液がいつもプラスの電気を帯びた状態に偏ってしまっているのです。

 

静電気が体内のカルシウム排泄を早める原因となり疲れを蓄積させます。

 

精神的にはイライラと飽きっぽくなり意欲がなくなり肉体的には筋肉の持久力が不足し疲れやすくなります。

 

このような静電気は身体が水分不足に陥る事で溜まりやすくなります。

 

また衣服でも天然繊維より合成繊維の物を着ている時に溜まりやすいという研究もある。

 

そのためミネラルウォーターを飲むのはマイナスイオン摂取に最適で静電気が体内に溜まるのを防ぐのに効果的らしい。

 

水に備長炭を入れるのもマイナスイオンたっぷりの水に変身させるのに効果あり。

 

次は食事から電磁波の影響を受けない身体を作る方法を書いていきます。

 

電磁波に強い身体作り


電磁波に強い身体とは体内に静電気を溜めない事が重要なので普段からミネラルを多く摂取することが必要です。

 

ミネラルが豊富な食材として海産物があり美味しい出汁が出る昆布や煮干しなども含まれます。

 

出汁を取る時には昆布や煮干しなどから取りましょう。

 

インスタントの出汁は手軽で便利ですが含まれる栄養価は違います。

 

バランスも大切で塩分の多い食事をしたときにはアボカド、パセリ、ほうれん草などカリウムを多く含むものをしっかり摂るとよいそうです。

 

余分な塩分を排出しバランスを保ってくれます。

 

また骨や歯をつくるカルシウムはビタミンDを一緒に摂ることで吸収を高めることができるそうです。

 

マグロと納豆、鮭とチーズなどの組み合わせは相性抜群!

 

鍋が沸騰した時にでる湯気や蒸気にはマイナスイオンが含まれているようなので冬に鍋を食べることは体を温めるだけでなく静電気防止対策にもとても効果があります。

 

まとめ

電磁波の危険性は徐々に認識されていますがアレルギーのように影響の受け方は個人差が大きいとされます。

 

また最近の食事は加工食品や農薬の多い野菜などが含まれるのでミネラル不足になりやすいと言われています。

 

自分の健康を守るためには電磁波に強い身体つくりは避けられません。

 

ぜひ水分の補給や食べ合わせも意識して健康な生活を送ってください!

 

初めの方限定特典