痛みだけでなく根本的に体を変える同業者が推薦する内臓整体をうけてみませんか?

同業の院長先生が思わず推薦する整体院

〒541-0054 大阪府大阪市中央区南本町3-6-2 ケンガンビル2F
御堂筋線「本町」駅9番出口心斎橋筋商店街側から左へ徒歩30秒

24時間対応WEB予約 お問い合わせフォーム

line友だち追加

女性の人は必見!頭痛やイライラの一番の原因は○○だった!!

ストレスが溜まってイライラする!

毎日のように頭痛がするから気分が沈む、、、。

こんな悩みは男性よりも女性に圧倒的に多い症状の一つです。

こちらでは女性に多い原因と対処法について書いていきます。

 

頭痛やイライラは酸素不足から

現代人は昔の人に比べて圧倒的に酸素不足であるという研究があります

まず大気中における酸素濃度の低下。

自然が減り人口密度が高い都会では当然ともいえます。

加えて運動不足。

人間の心肺機能は鍛えなければだんだんと衰えていきます。

呼吸量が減ったうえに酸素濃度が下がっていれば酸素不足は必然と言えます

酸素は生きていくうえで必須なので、酸素が不足すると身体は強い危機感を感じ興奮状態に陥ります

結果としてリラックスできない状態から頭痛やイライラは悪化しやすい状態になります

誰もが何かしらのストレスを抱えて生活していると思います。

強いストレスを受けると自然と呼吸が浅くなってしまうのです。

次は呼吸が浅くなる原因について書いていきます。

 

呼吸が浅くなる原因

まずはストレスによる精神的なイライラが挙げられます。

こんなイライラは交感神経と呼ばれる興奮する神経が過剰に働いています

つまり自律神経の乱れによるイライラです。

イライラ

交感神経が優位になると筋肉が緊張状態に陥るので上手くリラックスが出来ません

肺は筋肉が固いと本来の働きが出来ないので緊張は呼吸を浅くさせます。

またデスクワークが続き背中が丸くなっていると横隔膜の動きが悪くなるので、肩が緊張しやすく血流も悪くなります。

血流が悪くなれば当然、頭に昇る酸素量が減ってしまうので身体は頭痛やイライラで異常を知らせるという構造ですね。

この場合、交感神経と副交感神経のバランスをとる食べ物や飲み物がイライラを抑えるのに効果的です

次は神経のバランスを整える食事について書いていきます。

 

神経を整える食事

神経を整える栄養素としては、

  • カルシウム
  • ビタミンB1・C
  • DHA

などがあります。

また身体の中には幸せホルモンと呼ばれているセロトニンの不足も深刻です。

このセロトニンは女性ホルモンとも連動しているので日頃からの摂取が大切ですね。

これらを踏まえて必要なのは、トリプトファンと呼ばれる必須アミノ酸を食事で取り入れるのがポイントになります

お勧めなのがカレーです。

赤味のお肉やジャガイモ、赤ピーマンを入れて作ることで自然と上記の栄養素が摂取できます

カレー以外なら炭酸水がおすすめです。

炭酸水は、交感神経を落ち着かせ副交感神経を優位にしてくれます

さらに疲労物質の乳酸を体内から出して、筋肉の疲労回復をしたり血行を促進したりするので効果的です

 

まとめ

頭痛やイライラを女性に多い症状だと思っている人は多いですね。

それは主に自律神経の乱れから起こりビタミン不足や幸せホルモンのセロトニン不足から起こります。

カレーや炭酸水は疲労回復により、自律神経の乱れを整えるとともにセロトニンの精製を促進させるので頭痛やイライラにお悩みの人は試してみて下さい。

⇒大阪市で本気で更年期障害を解消したい人へ