痛みだけでなく根本的に体を変える同業者が推薦する内臓整体をうけてみませんか?

同業の院長先生が思わず推薦する整体院

〒541-0054 大阪府大阪市中央区南本町3-6-2 ケンガンビル2F
御堂筋線「本町」駅9番出口心斎橋筋商店街側から左へ徒歩30秒

24時間対応WEB予約 お問い合わせフォーム

line友だち追加

だるさやめまいがとれない時は○○を改善!

今日はやる気が出ないと感じたら身体からのサインです。

 

他にも何だか体がだるいなとか近頃全然疲れがとれない時は病気ではなくても原因があります。

 

心と身体は密接に関連しているのでやる気がなかったりめまいがしたりする原因が同じことがありますね。

 

こちらではストレスが身体に及ぼす影響と、そんな時の対処法について書いていきます。

 

心身にかかるストレス

39667c4ad9f0b141c8f54d3620995a6b
ストレスからくる疲労感は危険な状況に陥ることもあるので軽視してはいけません。

 

誤解している人も多いですが肉体的でも精神的であってもかかる負荷をストレスと呼びます。

 

それらのストレスに対して最初に自律神経系が反応し身体は臨戦態勢に入ります。

 

臨戦態勢に入ることは集中力が上がったり仕事のパフォーマンスが上がるので悪い事ではありませんが、この状態が長期に続くと身体は疲労します。

 

身体はストレスが慢性的に強く続くと疲労感が生じるだけではなくめまいや耳鳴り、頭痛といった症状で休むように促します。

 

この時に身体からの指示を無視して無理をすると下痢や便秘、吐き気が起こり、悪化すれば皮膚炎やうつ症状などの状態になってしまうので注意しましょう。

 

ストレスを感じた時にどんな対応が望ましいかを次に書いていきますね。

 

ストレスへの対応


寝具ベッド
ストレスを感じたら発散するのが望ましいのは分るでしょう。

 

身体はどんな対応をすればストレスを発散できるのでしょうか?

 

答えは仕事を増やすです。

 

勘違いしないでほしいのがストレスの原因となっている仕事を増やしてはいけません。

 

ストレスにならない仕事を増やすのが正しい対処法です。

 

例えば家の掃除だったり料理を作ってみたり買い物に行ったりでも構いません。

 

ストレスの発散が下手な人は目の前の仕事に集中するあまり他の事を疎かにして一心不乱になっています。

 

これでは発散どころかストレスの蓄積を加速させます。

 

大切なのは分散ですね。

 

そして身体が感じるストレスを減らすために必要な栄養を次に書いていきます。

 

ストレスに必要な栄養

野菜いっぱい
ストレスは脳への負担が大きいので脳の代謝を促すビタミンB群がお勧めです。

 

具体的にはキノコ類にアボカドや魚卵などがお勧めですね。

 

魚卵はイクラやすじこ、たらこなどが挙げられます。

 

サラダが好きな人はアボカドを選びましょう。

 

鍋や炒め物ならキノコをチョイス。

 

お寿司やパスタなら魚卵を選ぶといいですね。

 

これらの食材でないとビタミンB群はとれないわけではありませんが意識してみると良いでしょう。

 

また身体はストレス状態が続くと血液がどろどろになりやすいので水分も意識して摂りましょう。

 

自律神経失調症が気になる人はこちらをクリック

 

まとめ

元気伸び
ストレスと聞いたら感じていないと答える人はほとんどいないと思います。

 

でも発散が上手くできていない人が多いのではないでしょうか?

 

生活をガラリと変える必要はありませんが一つの事に集中しすぎるより色んな事を日々こなす方が健康は保ちやすいと覚えておいて下さいね。

 

初めの方限定特典