痛みだけでなく根本的に体を変える同業者が推薦する内臓整体をうけてみませんか?

同業の院長先生が思わず推薦する整体院

〒541-0054 大阪府大阪市中央区南本町3-6-2 ケンガンビル2F
御堂筋線「本町」駅9番出口心斎橋筋商店街側から左へ徒歩30秒

24時間対応WEB予約 お問い合わせフォーム

line友だち追加

運動する人のめまいの原因には意外な○○が!?

健康のために毎日ランニングをしているのにめまいがひどくなった、、、。

身体は健康になっているはずなのに!

身体のためにと思って運動を始める方は多くいらっしゃいますがやり方を間違えると身体を悪くするなんてことも。

運動は身体に良い影響ばかりとは限りません

特にやり過ぎて悪くする方も大勢います。

こちらでは何故運動が悪影響を及ぼすのかと、せっかくの運動を効果的に活かすためには何が必要かを書いていきます。

 

運動が及ぼす悪影響
ジョギング女性.jpgのサムネール画像
今回は最も多くの方が参加するマラソンについて書いていきます。

意外と知られていませんがマラソンというスポーツは貧血になりやすいスポーツでもあるんです

走った時に着地をした瞬間の衝撃によって赤血球が壊れてしまって貧血になる確率が高くなります。

しかも、女性は生理もありますから対策をしっかり練ることが大切です。

貧血になってしまってからでは通常の状態に戻すのが大変なので日頃からしっかり意識しておくことが大切です。

また長い距離を走ると胃が上下して胃炎を起こします

胃が丈夫な方は走れますが、胃が弱い方は足が原因ではなく胃が原因で途中でリタイヤする羽目になります。

長い距離を走った後にすぐに食事が出来るのはよほど胃が頑丈な人だけです。

100キロマラソンに参加した人の話ですが、大会の1ヶ月前からお酒に甘い物、コーヒーも控えて胃腸の機能強化に努めたところ普段から患っていた腰痛までも楽になって完走できたとの事です。

マラソンをする方の多くは、

  • 筋トレ
  • ストレッチ

に目が行きがちですが、胃腸の健康無くして好タイムは記録できませんし、走り過ぎた後は胃腸を労わらないと身体を壊します。

次はめまいと胃腸の関係について書いていきます。

 

めまいと胃腸の関係
めまい女性.jpg
めまいには色々な種類や病名がつくものもありますが、運動を始めてから起こりだしたという方のほとんどが

  • 貧血
  • 胃腸障害

による栄養失調です

現代の食事で栄養失調になる方はほとんどいませんが、マラソンの結果、胃腸障害を起こしていると栄養の吸収率がかなり低下するので、結果的に栄養失調となりめまいの原因となります。

めまいの種類には、

  • 視界がぐるぐるするもの
  • 足元がふわふわと感じるもの

もありますが栄養失調の場合はくらっとくるようなめまいを感じます。

運動をすれば身体を鍛えられると思っている方は多いですが、先天的に胃腸虚弱な方は激しい運動や長時間に及ぶ運動は避けた方が無難です。

若い時はどんなに動いても平気だったのに、最近はすぐに疲れるようになったという方の多くは胃腸障害を起こしており栄養の吸収率が低下していることが多いです。

そんな胃腸を元気に保つためのお勧め食材を次は書いていきます。

 

胃腸を元気に保つお勧め食材
海藻.jpg
2000年のシドニーオリンピックで日本人初のマラソンで金メダルをとった高橋尚子選手がこだわっていた食材が

  • ひじき
  • 納豆
  • レバー
  • めかぶ

だったそうです。

めかぶには胃にやさしい成分が含まれています。

めかぶのある成分が胃粘膜の保護に役立ちます。

それはメカブ特有のあのヌルヌルの成分です。

ヌメリ成分はフコイダンといって海藻類特有のネバネバはフコイダンが含まれているからです。

フコイダンは食物繊維の一種でナチュラルキラー細胞という免疫力を司る大事な細胞を活性化させます。

免疫力向上に効果がある数少ない物質として有名になりつつあります。

他にフコイダンは胃に入ると胃壁にへばりついて胃の粘膜を保護する役目も持っているのです

貧血を防止する食材としてはやはりひじきとレバーの2つは欠かせません。

それらの2つには鉄分が入っていますからランナーの為には欠かせません。

健康の為に走り始めたのに体調が悪くなった疲れやすくなったという人も実は非常に多いんです。

貧血になってから苦しむのではなくて、食べながら予防することを意識すると相乗効果でもっともっと健康的になれますよ。

 

ウォーキングの効果

特に注目したいのは、

  • 全身の血液循環促進
  • 心肺機能の強化
  • 老化防止
  • 脳が活性化しストレス発散する

などの効果ですね。

にもつながります。

さらにウォーキングの効果をアップさせるのストレッチをご紹介します。

 

股関節を動かして回復力をアップ!

股関節が固い、そんな方にピッタリの股関節ストレッチをご紹介していきます。

 

①まずはじめに、両足の裏をくっつけます。

②そして、背筋をまっすぐに伸ばし息を吐きながら前に倒していき股関節のところが伸びているな、と感じるところで15秒キープします。

手順はたったこれだけです。

だだし、注意点があります。

  • 背筋が丸くならないようにすること
  • 呼吸を止めないこと
  • 痛みの無い範囲で行うこと
  • 反動を使わないこと

これらのことに注意しながら行いましょう。

そして、ストレッチをするベストなタイミングはお風呂上りなどの体が温まり循環している時にやると効果が上がるので、是非お風呂上りや寝る前などのちょっとした時間でできるの試してみてください。

 

めまいの種類は3つ

1、回転性めまい

自分の身体または大地があたかも回転しているかのような感覚です。

激しい嘔気を感じることがあり、体のバランスを失って倒れることもあります。

  • 三半規管
  • 前庭神経
  • 脳幹

などの障害で生じます。

症状がきつい回転性のめまいは、起き上がることも困難になります。

軽度のめまいでは、横や上など頭を一定の方向に動かしたときに何秒間の間かグルグルと目が回る感じのめまいを生じます。

回転性めまいの多くは三半規管に関係して起こるものが多いです。

2、動揺性めまい

波の上の船に乗っているようなふわふわする感じのめまいになります。

歩いていても雲の上をあるいているようなふわふわして宙に浮いたような感じが特徴です。

また椅子やソファーに腰掛けていても吸い込まれるような感じがします。

肩こりや首こりに関係が深いため「頸性めまい」という呼び方もされています。

肩こり以外の動揺性めまいの中には、ゆっくりと進行する病気が原因のこともあります

こちらの場合は、めまい以外の症状として

  • 歩行障害
  • 運動機能障害
  • 失調症

などがみられるようになります。

健康な方の、動揺性めまいとの区別は比較的簡単に出来ますので、早くお医者の診断を受けるようにしましょう。

それ以外の病気として、中高年者の突然のめまいなどでは、脳卒中(脳梗塞、脳出血)も疑わしいです

軽い脳卒中では、

  • 手足が上手いこと動かせない運動障害
  • 上手く言葉が出てこない発語障害

などの症状が伴うことが多いのですが、稀にめまいだけが主症状というものもあるみたいです。

更に、動揺性めまいの症状の多くに内科の病気の可能性も出てきます

  • 貧血
  • 高血圧症
  • 低血圧症
  • 糖尿病
  • 甲状腺機能低下症

などが挙げられます。

特に肩こりや首こりは、運動不足、冷え性、または、長時間同じ姿勢で過ごすことが多いと、体内に血行不良が起こり、筋肉が緊張して凝りが起きます。

 

 

3、立ちくらみ

血の気が引き、意識の遠くなる感覚です。

実際に失神に至ることもあります

起立性低血圧の代表的な症状であるほか、

  • 血管迷走神経反射
  • 器質的心疾患
  • 大血管疾患

でもみられます。

 

動揺性めまいのメカニズム

最も多い原因としてはストレスが挙げられます

ストレスは自律神経の乱れの原因となり、脳幹や小脳といった平衡感覚を司る部分に不具合が起きるためとされています。

ではストレスを抱える人が全員めまいを感じるかと言えばそんな事はありません。

ストレスの大小はあるかもしれませんが、ストレスに強い人は抗ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールと呼ばれるものの分泌が盛んです。

また、健康な人は、

  • 身体の修復を促す成長ホルモン
  • 代謝を促す甲状腺ホルモン

などが盛んに分泌されるので疲労が溜まりにくくストレスに強くなります。

今回紹介しているホルモンは、いずれも脳下垂体と呼ばれるところでコントロールされており、脳下垂体はホルモン分泌の司令塔の役割を果たしています。

つまり、めまいを覚えるほどのストレスを感じる方の多くが脳下垂体の機能が低下しており、ストレスに弱い身体になっていることが原因となっています。

そんな脳下垂体の機能が低下する原因について次は書いていきます。

 

脳下垂体の機能低下の原因

脳は人体の中で最も重要な役割を果たしている場所なので、修復にあたっては最も栄養価の高い脳脊髄液(のうせきずいえき)と呼ばれる液体で満たされています。

脳脊髄液は名前の通り、脳と脊髄(背骨の中の空洞)を満たしており高濃度のリンパ液のようなものです。

脊髄は骨盤まで達するので骨盤の動きの影響も受けています。

この脳脊髄液が足りなくなると背骨の動きも悪くなるので、背骨の中を通る自律神経も悪影響を受けます

つまり脳脊髄液は身体の中の流れで最も重要な本流をなしているのですね。

健康が維持できるかどうかは脳脊髄液の流れが確保されているかどうかで決まります。

この流れを悪くする原因が

  • 運動不足
  • 睡眠の質の低下
  • 食事の偏り

にあります。

人間の身体は自然治癒力が備わっているので睡眠・食事・運動のバランスが良ければ体調を崩しません

しかし、

  • 運動不足が続く
  • 寝る前に炭水化物中心の食事をする

そんな生活をしていればすぐに自然治癒力は低下してしまいます。

日々の生活の乱れが脳脊髄液の流れの悪化を招き、身体の司令塔である脳の機能低下を招いた結果がめまいという事になります。

次はめまいが起きってしまった場合の対処法について書いていきます。

 

めまいの対処法

脳脊髄液の循環には背骨と骨盤の柔軟性を保つことが重要です。まずはお勧めのストレッチから紹介します。

 

足を前後に大きく開きます。足は正面を向け膝を曲げて重心を前方に移動させます。そこから両手を合わせて頭上に持っていきます。

この時にお腹が伸びていればOKです。視線は手の先で20秒ほどキープします。足の前後を入れ替えて1セットずつ朝晩行うと効果的です。

 

ストレッチをお風呂上がりの寝る前に行う事で、神経の興奮も鎮めて柔軟性も上げてくれるので睡眠の質が高まります。

また寝る3時間前は食事をしない方が寝ている時の回復力は高まります。

その他のめまいの原因と治療法はこちらをクリック

 

まとめ
シニアジョギング.jpg
走るという行為は手軽で良い面ばかりが取り上げられますが急な運動や過剰な運動は身体へマイナスになる事も多くあります。

特に普段から座りっぱなしの方はもともと胃腸が弱っている可能性が高いので急なランニングは禁物です。

焦らず徐々に走る距離を増やしていくのがお勧めです。

走っていない人でも胃腸を元気に保とうと思えばぬめりのある海藻類を摂取するのは胃腸に良いので調子の悪い人にはお勧めです。

⇒大阪で胃腸からのめまいにお悩みの方へ

 

初めの方限定特典