痛みだけでなく根本的に体を変える同業者が推薦する内臓整体をうけてみませんか?

同業の院長先生が思わず推薦する整体院

〒541-0054 大阪府大阪市中央区南本町3-6-2 ケンガンビル2F
御堂筋線「本町」駅9番出口心斎橋筋商店街側から左へ徒歩30秒

24時間対応WEB予約 お問い合わせフォーム

line友だち追加

人間ドック9項目の⑤上部消化管内視鏡

人間ドックは大切だと言われるけど何が重要なのか?

色々な検査が多くてどれが必要か分からない。

各検査では何が分かるのか知りたい。

こちらでは普段から何気なく受けている検査から何が分かるのか、どんな臓器に関わっているのかについて書いています。

 

上部消化管の内視鏡とは

まず上部消化管とは食道から胃~十二指腸までの内臓を指し、口または鼻から内視鏡を挿入し内側をチェックします。

内視鏡は昔の胃カメラに相当しますが、胃カメラに比べると身体への負担が少ないのが特徴です。

病院の方針によっては胃の運動を抑える薬や緊張を和らげる鎮静薬などを注射します。

口か鼻から内視鏡を挿入しますが基本的に10~15分くらいの短時間で終わるのも特徴です。

一定時間以上の絶食が必要なのは同様です。

内視鏡の検査では上部消化管にあたる食道から胃、十二指腸潰瘍までの腫瘍や炎症を見つけるのが目的です。

はっきりと目視できるので癌や潰瘍などの早期発見に有効です。

カンジダ性食道炎や逆流性食道炎なども確認することが可能です。

  • 食道
  • 十二指腸

などの内側を確認するので、炎症の有無や粘膜の異常を見つけるのに適しています。

そのため、

  • 消化不良
  • 嚥下困難
  • 出血

などの原因を視覚的に調べられます。

視覚的に見る事で癌の早期発見や腫瘍が良性か悪性かを見極める事も可能です。

多くの治療は内視鏡などで確認して投薬で済ますか、外科的な処置を行うかを決めます。

さらに最近では早期の癌なら内視鏡で切除する事も可能なので、癌や腫瘍などに効果的と言えます。

癌などが疑われる時には血液検査も含めた精密検査に移ります。

 

まとめ

上部消化管内視鏡は主に食道から胃、十二指腸までの内側を視覚的に検査します。

特に癌などの腫瘍や菌などが原因の炎症を発見することが可能です。

さらに腫瘍や炎症の程度も調べられるので、投薬治療にするか外科治療が必要かの判断が可能です。

そして癌などでも早期発見できたものは内視鏡によって切除する事も可能になっています。

⇒大阪市で本気で逆流性食道炎を治したい人へ

⇒大阪市で本気で胃の不調を治したい人へ