痛みだけでなく根本的に体を変える同業者が推薦する内臓整体をうけてみませんか?

同業の院長先生が思わず推薦する整体院

〒541-0054 大阪府大阪市中央区南本町3-6-2 ケンガンビル2F
御堂筋線「本町」駅9番出口心斎橋筋商店街側から左へ徒歩30秒

24時間対応WEB予約 お問い合わせフォーム

line友だち追加

ヘルニアの痛みを和らげるならこの方法が一番!

  • 腰椎椎間板ヘルニアと診断されました。
  • 体勢によってはかなり痛む。
  • きっかけはソファーから立つ時だった。
  • 足は痺れと少しだるい感じがする。
  • 疲れた時は足にも痛みが走る。

これってヘルニアなのでしょうか?

そんな質問をよく受けます。

結論から言うとヘルニアとは限りません。しかしヘルニアである可能性は高く痛みを和らげるために最も効果的な方法をこちらでは書いていきますね。

 

ヘルニアの診断基準

一言で言うとヘルニアに確定診断は存在しません。

誤解が無いように言うと明確な基準は存在しないという事ですね。

そもそも、ヘルニアは椎間板と呼ばれる背骨の間のクッションが飛び出し神経を圧迫している事で

  • 腰痛
  • 痺れ

が出る時に呼ぶ症状名と言えますから。

そのためクッションが飛び出していても痛みや痺れの無い人はヘルニアとは診断されません

そして、飛び出したクッションは放っておいても無くなりますから。

次は整形外科などで行われる治療法をご紹介します。

 

整形外科での対応

医者の世界では無症状の椎間板ヘルニアがあると基準を設けています

そのためヘルニアの治療が存在するのでは無く、その症状によって治療法が決まるそうです。

そして椎間板ヘルニアの治療は原則的には保存療法です。

いわゆる

  • 鎮痛剤
  • 牽引
  • 温熱療法
  • 湿布
  • リハビリテーション

などがメインですね。

さらに神経ブロック注射などを用いるので、飛び出したクッションに対して何かをする訳ではありません。

保存療法で効果が出なければ手術が考慮されます。

しかし手術を施しても5~10%の人は再発すると言われています

何のための手術でしょう?

これがヘルニアに確定診断が存在しないと言われる所以ですね。

では痛みや痺れの本当の原因は何かを次に書いていきます。

 

痛みや痺れの原因とは

簡単に痛みや痺れがでる状況を考えてみましょう。

まずは、痛みからですが打撲は除きます。

同じ姿勢を長く続けたら腰や背中が痛むといった経験はありますよね?

他にも、

  • おしっこを我慢したら膀胱が痛む
  • 食べ過ぎたら胃が痛くなる

という経験もあると思います。

要は過剰な負担がかかれば身体は痛みというサインで知らせてくれるという事です。

二日酔いなどであれば脳の血液の滞りから脳を圧迫して起こります。

尿や血液などの水分の滞りも痛みとして認識されますね。

足のように柔軟性があればむくんでも感じないという場合もあります。

これは各器官の容量を超えた時にも痛みとして身体は知らせてくれるという事です。

 

次に痺れです。

正座を長い事していたら痺れますね。

これは神経が圧迫されているためです。

これはヘルニアの場合も同様です。

痺れは神経が長い間圧迫されているために起こります。

そのため初期の段階なら姿勢を工夫するだけで痺れは消えてしまいます。

次は以上を踏まえて痛みや痺れが消えなくなるのはどんな時かを書いていきますね。

 

痛みや痺れが消えないのは何故か

椎間板と呼ばれるクッションが神経を圧迫しているのは確かです。

しかしそれだけでは痛みと痺れが出るとは限りません

また椎間板は時間とともに飛び出した部分を身体が取り除いてくれます。

真の問題は飛び出した椎間板がいつまでも残っている事にあるのです。

その原因こそが身体の循環の悪さです。

循環とは血液やリンパなどの身体の中の水分ですね。

それらの水分の役割は、

  • 栄養
  • 老廃物
  • 白血球

などを運び、椎間板が飛び出した時は白血球が処理してくれます。

いつまでも痛みと痺れが残るのは白血球が患部まで十分な量が行ってないからと言えますね。

循環を良くする手っ取り早い方法は背骨を動かす事なので次に書いていきます。

 

背骨を動かす方法

急激な腰痛や下肢にしびれが出る腰痛には医師も認めるマッケンジー体操をお勧めします。これは、腸腰筋ストレッチの一種で、症状がひどい方に推奨されています。

 

こんな時は伸展のエクササイズ

①うつ伏せになることで腰椎に少し彎曲が出来ます。5分~10分間、この状態を保持します。こちらは急性腰痛でも平気な方は②の運動に進みましょう。

 

痛すぎて出来ない人はお腹の下にクッションを入れればマシになります。

②うつぶせの状態で、肘を床につけて、そこから上半身を反らします。(スフィンクスの姿勢)肘は90°にしますが、無理ならもっと浅く反らします。5分~10分間、この状態を保持します。痛くない時は③へ。

 

③次は、少しレベルが上がって、腕立てのような動きになります。下半身は床にくっつけたままで10回1セットで、最初の2、3回は注意して行なって下さい。 そして、9回目10回目は肘を伸ばした状態で数秒間静止して下さい。

 

マッケンジーエクササイズではこの運動を当初は2~3時間おきに行なうことを推奨しており、症状の改善に伴い1日4セットに減らします。多くの機能不全による腰痛が1、2ヶ月で改善します。

 

この運動を行う時、元からあったお尻や足の痛み・痺れが減少して背骨上(身体の中央)に痛みが移行する事がありますが回復に向かう良い兆候です。

但し、この運動も強い痛みが出たりお尻や足の痛みや痺れが増加したり今までなかったそれらの症状が出た場合はただちに中止して下さい。

また、回数を多くすれば早く治るという事はありませんので回数は守りましょう。

どんなに焦っても自己治癒力には限界があります

そもそも、ヘルニアになるという事は自己治癒力が下がっている証拠なので。

その状態から焦っても思うような効果はあがりません。

急がば回れですね。

最後に背骨上に残った痛みを取り除くラッコ体操を紹介していきます。

 

背中の痛みはラッコ体操

ラッコ体操とは可動性の少なくなった屈曲の動きを回復させるための屈曲のストレッチです。

方法は仰向けに寝て膝を抱きかかえるようにして腰部を丸めます。その後痛みが出ない様になれば立位で行なって下さい。

また症状が治まった後、前屈時に身体の傾きが出る方は傾く側の反対側の足を椅子などの台にのせて立位で屈曲することにより歪みを矯正します。

屈曲運動は損傷部位の回復が完了し下肢症状がなくなってから行いましょう。くれぐれも急いで行い悪化させないようにして下さい。

この運動はぎっくり腰の予防としても効果的なので、元気になってからもお勧めです。

 

人間が健康を維持しようと思えば運動は欠かせません。

その中でも背骨に刺激を入れるのは効果的なので、普段から行うと良いですね。

ただし、痛みが強くなってから焦ってたくさんすると逆効果なので気をつけましょう

そして肝心なのは身体の循環を良くする事なので次に書いていきます。

 

身体の循環を良くするには

身体の循環を良くするためには筋肉の緊張状態を改善するマグネシウムを十分に摂ることが必要です。

マグネシウム不足の状態だと

  • だるさ
  • 疲労感

が増していきます。

実はマグネシウムをサプリや食品で摂るよりも、ミネラルウォーターで摂る方がぎっくり腰の予防・治療共に効果的なのです。

そもそも身体の水分が不足すると血液がドロドロになり血流が悪くなるのはご存知のとおりです。

背骨のクッションの役割を果たす椎間板(ついかんばん)は、水分を取り入れて柔軟に形を変える働きがあるため水分が不足すると腰痛の症状を悪化させるのです。

腰ヘルニアを患う人に聞くとほとんどの人が水分とマグネシウム不足でした。

両方を同時に解決するのがミネラルウォーターなのです。

ぎっくり腰が起こった後でも水分とマグネシウム不足だと回復は著しく遅れると言えるのでぜひ意識して摂ってください。

しかしマグネシウムを多く含めば良いかというとそうでもありません。

マグネシウムを多く含むミネラルウォーターは硬水と呼ばれ外国産の水がほとんどです。

硬水ははっきり言って飲みにくく身体に馴染みにくいので国産のミネラルウォーターがオススメですね。

 

そして普段から、

  • 一日に体重の3%を目安に飲む
  • 午前中に多く飲む

などを心がけましょう。

 

腰痛の悪循環に陥らないためには

%e5%92%8c%e9%a3%9f

昔の日本人の食生活は理想であるとして世界的な注目を集めています。

一汁三菜に多くの発酵食品を加え魚が多かったのが理由ですね。

たんぱく質:脂質:炭水化物の割合を見ると欧米諸国では脂質が40%前後ですが日本は30%です。

ですが、近年そのバランスが欧米よりになり腰痛の人は増えてきているのが現状です。

ちなみに沖縄出身のハワイの日系人は世界一の長寿集団として知られています。

その秘密は高齢になっても、

  • 食肉などから動物性たんぱく質を充分に摂取する
  • カリウムや食物繊維の多い野菜や果物も豊富にとる
  • 日本の伝統的な食品である大豆製品や海藻なども食べている

などの食事のバランスの良さにあります。

そして沖縄の高齢者には腰痛が少ないというデータもあります

食事のバランスが重要なのは言うまでもありませんが、足腰が鍛えられているのもポイントですね。

一時期は腹筋と背筋のバランスが重要とも言われていましたが、実際には股関節周りの筋肉をよく使う人の方が腰痛やぎっくり腰になりにくいようです。

だから腰痛の予防にはウォーキングが重要と言えますね。

痛みが酷い時には無理をせずに

  • アシカ体操
  • ラッコ体操

で少しずつ背骨に刺激を入れていきましょう。

痛みがなくなれば再発を防ぐためにウォーキングも開始すると良いですね

特に坂道などの次はお腹が出ていても腰痛を患う事が少ないお相撲さんのお話です。

 

まとめ

ヘルニアによる痛みや痺れを改善させるには身体の回復力を上げるのが一番です。

問題となるのは症状よりも回復力の落ちている身体の状態ですね

一度、強い痛みに襲われれば治すのには時間がかかりますが、きちんと身体の声に耳を傾けて対処すれば回復を早められます。

薬や手術で一時的に収まったとしても再発はしますから。

大切なのは体操をしたり水分を摂ったりすることを心がけることですね。

普段からの生活習慣に気をつける事でヘルニアの再発は防げますよ。

 

⇒大阪で腰椎椎間板ヘルニアでお困りの方はこちら

 

初めの方限定特典