痛みだけでなく根本的に体を変える同業者が推薦する内臓整体をうけてみませんか?

同業の院長先生が思わず推薦する整体院

〒541-0054 大阪府大阪市中央区南本町3-6-2 ケンガンビル2F
御堂筋線「本町」駅9番出口心斎橋筋商店街側から左へ徒歩30秒

24時間対応WEB予約 お問い合わせフォーム

line友だち追加

原因不明の腰痛とは何なのか

腰痛がひどくて病院に行ったけど、”異常なし”と言われた。

 

原因不明の腰痛てどうゆうこと?じゃあなんで腰痛が起こるの?と、思った方いるのではないのでしょうか。

 

そこで、原因不明の腰痛は何なのか、また”異常なし”と言われる理由を教えちゃいます。

 

原因不明の腰痛とは

突然ですが、腰痛は85%が原因不明という事をご存知ですか?

 

このような原因不明の腰痛を”非特異的腰痛”と言います。診断名では「腰痛症」と言われます。

 

というのは、腰痛の方が病院に行ってMRIやレントゲンで検査し”異状なし”と言われる確率でもあります。

 

しかし、医師の「異常なし」は決して「どこも悪いところはない」という意味ではありません。医師が考える一刻を争う重篤な病気や、レントゲンなどに映る骨の異常などはないというだけに過ぎないのです。

 

ですので、”異常なし”というのは、手術を受けるべき大きな疾患が腰痛の原因ではないですよ。という意味なんですね。そうなると、医師が出来ることは薬や湿布を処方する。という事までなんですね。

 

ですので、医師に腰痛の治療をしてもらうという事は、手術を受けるという事と同じなんです。

 

では、この原因不明と言われる腰痛はどうしたら良いのかですよね。

 

それをでは、次にお伝えしていきます。

 

原因不明の腰痛をなくすには

いやいや仕事

まず、原因不明の腰痛を無くすにはどうしたらいいか。

それは、”自分が腰痛にかかりにくい身体をつくる”ことです。

 

といいますのも、この腰痛(非特異的腰痛)というものは、生活の中での行動が原因となり起こります。例えば、姿勢であったり、ストレスであったり、これらが原因となります。

 

これらの原因が身体のバランスを崩し、腰にある筋肉に負担をかけます。そうすると、筋肉が収縮した状態で固くなってしまい、その周りにある血管や神経を圧迫することで、痛みが発生し腰痛を起こします。

 

ですので、腰痛の改善としては柔らかい筋肉を保てるように、腰に負担をかけない事です。

では、どういった姿勢が腰痛を起こしやすいのかといいますと、

 

  • 不良姿勢(猫背・中腰・胸を反りすぎる など)

  • 同じ姿勢を長時間続ける(デスクワーク・立ちっぱなし など)

  • 急な腰の動作・腰の使い過ぎ(ゴルフのスイング・静姿時からの動作 など)

 

というような姿勢が挙げられます。これら姿勢は腰に負担をかけ、腰痛を引き起こす原因となります。そして、これに精神的なストレスがかかってしまうと、腰痛の発症率がアップしてしまいます。 

 

ですので、腰痛を改善するために”姿勢の改善”、”ストレスの改善”が必要となってきます。

 

ストレス感じる原因は人それぞれだと思いますので、改善方法も自分に合った方法を見つけ、それを習慣ずけてストレスの改善を行って下さい。そして、腰痛にかかりにくい身体をつくっていって下さい。

 

では次に、腰痛になりにくい姿勢をご紹介します。

 

腰痛になりにくい姿勢

姿勢の良い人

 

では、腰痛になりにくい姿勢を3つご紹介します。

  • 立っている時

背筋は伸ばした状態にし、お腹に少し力を入れる。そしてお尻をキュッとしぼるようにして立ちます。

  • 椅子に座る時

椅子に深く座り、背中は背もたれに密着させるようする。デスクワークの時は、十分に机に近づける。(机から離れると、前かがみになる傾向があり背中が丸まりやすくなる)

  • 物を持ち上げる時

膝を十分に曲げてしゃがみ、荷物は身体に近づけて持ち上げる。
(立った状態で物を取ろうとすると、腰は前に傾いた状態になり腰への負担が大きくなる)

 

以上が腰痛になりにくい姿勢です。是非、家や職場でお試しください。

 

 

まとめ

元気 会社員 女性

 

腰痛の85%が原因不明の腰痛と言われていますが、その原因は私たちの生活の仕方により起こってきます。その腰痛の改善に、姿勢やストレスの改善。

 

今回お伝えしたことは、ほんのちょっと意識すればすぐに出来るので、そのほんのちょっとが皆様の頭の片隅あれば幸いです。

 

初めの方限定特典